クレジットカード現金化のデメリットについて知っておく!

クレジットカードをした現金化は非常に利便性の高いものであり、多くの方が利用している現金化の形となっています。

クレジットカードの現金化を行うことは非常におすすめなことであると言えるでしょう。

しかしながらクレジットカードの現金化を行うことに関してはメリットばかりではなく、デメリットもあると言うことを知っておかなければなりません。

そこで今回は、クレジットカードの現金化を行う際のデメリットはどのようなものなのかということについてお話をしていたいと思います。

クレジットカード現金化時のデメリットについて2点挙げてみる

いくつかのクレジットカードの現金化を行った際のデメリットはありますが、今回は主に2点についてお話をしていきたいと思います。

手数料が多くかかることも

クレジットカード現金化のみならず現金化行う際には必ずと言って良いほど手数料はかかりますが、特にクレジットカードを用いた現金化には手数料が多くかかる傾向があります。

クレジットカードの現金化を行う際の手数料の相場は10%~20%程度であり、少額の現金化は手数料がさらにかかってしまう場合があり、手数料が多くかかり利用しづらいと言う点をなきにしもあらずです。

これはクレジットカード現金化業者の利益を上げるための方法でもあり、少額の現金化を行う際にはクレジットカードの現金化はあまりおすすめすることができる方法ではないと言えると言うことをあります。

金利的な負担が大きくかかる

クレジットカードの現金化を行った際のそのお金の返済方法として分割払いやリボ払いがあり、1階1階の支払いの負担を軽減させるということができるのがメリットでありますがこの方法では現金が行った金額の完済までに時間がかかってしまい、利息が膨らむというデメリットがあります。

ですからあまり返済までの期日がかかってしまうことがあると最終的には莫大な金額を支払わなければならない場合がありますので、見通しが立たないクレジットカードの現金化は行わないようにしなければなりません。

まとめ

以上クレジットカードの現金化を行う際のデメリットについてお話しをしましたが、基本的には使用方法を間違えなければ便利なサービスであると言うことは間違いありません。

ぜひ皆さんも困った時やどうしても現金が必要になってしまった時はクレジットカード現金化を行うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です